社会的な価値を生み出し続けるために、必要なことは何か?データ利活用視点からの考察

新しい年がはじまり、新しい挑戦のために、データ利活用による、事業成長戦略や組織成長戦略を検討されている方もいらっしゃるかもしれません。そこで、今回は、特にデータ利活用視点から、「社会的な価値を生み出し続けるために、企業にとって必要なことは何か?」について、私が経験してきたことから、考えていることをご紹介できればと思っています。

社会的な価値にデータ活用をつなげるためには、「価値創出」「データ環境整備」「人材/組織成長」がポイントになると考えています。持続可能な未来を生み出すために、どこに価値を創出するか、問いを立てながら、価値創出ポイントをみつけていくことが軸となり、その価値創出を支えるデータ環境整備とサービスとしての社会実装力が必要で、さらにそれらを生み出す一人ひとりの力と、その力がつながった、多様な人がワンチームとなった組織の力があって、社会的な価値の創出につながっていくと考えています。

そのときに、一人ひとりの力を引き出し、さらに成長していくために、そして力をあわせて組織の力につなげていくために、次のようにポイントを整理してみました。

事業領域やフェーズ、企業ごとの特徴によって、データの状況や環境は異なり、価値創出ポイントによって、データの活かし方は異なります。そのため、必要な組織能力の優先順位も違ってくるため、この優先順位を明らかにしながら、ギャップを把握し、育成と実践の場をつくっていくことが肝要になります。データ利活用についての、共通言語としてのリテラシーレベル向上を幅広く行いつつ、専門的な力をもつ人材を育て、外部パートナーとの連携による専門性の向上も大切であると考えています。

「持続的な企業価値の向上と人的資本に関する研究会(2020年1月~)」の報告書である通称「人材版伊藤レポート」、「人的資本経営の実現に向けた検討会(2021年7月~)」の報告書を実践事例集とあわせた「人材版伊藤レポート2.0」の公表、そして、人的資本経営コンソーシアム設立なども通して、「人材戦略と経営戦略を同期させるプロセス」の重要性が、年々高まっていると感じます。

こういった潮流とも連動し、「人材/組織成長」という観点は、今後さらにポイントになっていくと感じており、今後も考えを深めていきたいと考えています。もし、こちらにご興味ある方いらっしゃいましたら、ぜひお声がけください。

データマネジメントは「目的」にあらず

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いします。

このブログをきちんと読んでいただけるような方々はデータに対して非常に感度の高い皆さまであり、何がしかの形で自社内やお客様のデータマネジメントの取り組みに関与されていることと思います。
そんな皆さまであれば、昨今の世の中の「経営資源としてデータの価値を高めたい」、「そのためにデータを全社横断的に取り扱う組織を組成したい」、「積極的なデータ活用のためにも、データガバナンスの仕組みやルールを構築したい」といったニーズの高まりを実感されているではないでしょうか。
私自身もそうした時代の潮流をひしひしと肌で感じている一人ですが、一方で、ここ数年で「データマネジメントに取り組んだが、実際にはデータ活用がうまくいかなかった」という企業が増殖し、日本のデータ活用の機運が停滞化してしまうのではないかと危惧しています。

その理由はなぜか?-「データマネジメントに取り組んだ」といってもデータマネジメントや活用を支援するためのツールの導入や環境の構築に留まってしまい、ビジネスでの成果を実際に創出するところまで辿り着かないケースが多いのではないかと感じるからです。
データやメタデータの品質をいかに高めたとしても、ビジネスの現場でそれが使われない限り、まったく効果を生み出しません。
せっかく始めたデータマネジメントの活動も一過性の「プロジェクト」で終わってしまい、中長期な「プログラム」として経営層から認めらず、データ活用が組織に定着化せずに頓挫してしまう、そんな近未来が予見されるので、私は強い憂慮を抱いているのです。

こうした落とし穴に陥らないようにするためには何に気をつけなければならないか。
私自身の長年の経験から留意すべきポイントを3つ挙げます。

  • ツール導入がゴールではなく、ビジネスでデータを活用して成果を出すことが目的であることを忘れないこと。
  • そのために、データマネジメントの取り組みに対してビジネスにおけるデータ活用者の積極的な関与を必須とすること。

  • いきなり手当たり次第に社内の様々な厳選システムからデータを集めてきても、そのままでは誰も使えないと認識すること。
  • ある程度ニーズが確信できるビジネスシーンに対して実行し、まず小さくても活用の成果を出し、共感を得つつ展開すること。

  • すべて自社内のIT部門だけで課題解決を試みるのではなく、ユーザー部門や関連部門を巻き込むこと。
  • 外部のプロフェッショナルやDAMA/JDMC等の中立的団体の仲間たちに相談するなど、知見やノウハウを広く集めること。

なお、私が代表を務める「株式会社リアライズ」は、2023年1月1日より、「NTTデータバリュー・エンジニア」に社名を改めます。
その真意はまさに「データの価値を高めること(エンジニアリング)を通じてお客様のビジネスに貢献するプロフェッショナルでありたい」という意志表明を内外に示すためであり、これまでご提供してきた「活用できるデータへの整備支援やデータカタログ/データガバナンスの構築支援」に加え、さらにデータの価値向上をビジネス成果に直結させるために「データ分析・活用」の領域へと事業を広げ、これからもお客様と一緒に『データで創る一歩先の未来』を愚直に追い求めてまいりたいと考えております。
もしデータマネジメント/活用の領域で何かお悩みのことがありましたら、お気軽にご相談いただけたら幸いです。

少し宣伝も入ってしまい恐縮ですが、新たな社名のお知らせを兼ねて、新年のブログを綴りました。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

DAMA日本支部 渉外担当理事
日本データマネジメント・コンソーシアム[JDMC] 発起人 兼 事務局長
(株)NTTデータバリュー・エンジニア[旧:(株)リアライズ] 代表取締役社長
大 西 浩 史