ITベンダーとの関係を考える

 データマネジメントを始めるのに、「データモデリングから始めませんか?」というお話をし、その次に「データモデラーのお噺」と続けました。

 では、 データモデラーが居れば、或いは獲得すれば、すぐにデータマネジメントが始められるのでしょうか?その前にもう少しやっておきたいことがあります。
 データマネジメント自体が、業務部門の人とIT部門の人が一緒になって行う企業活動であることはDMBOKに記載されています。

 ここでは、データマネジメントに始まり、情報システムの開発(もちろん再構築を含みます)に至る話を書いていきます。

企業とITベンダー(古いスタイル)

  これまで少なくない企業で、情報システム部門、或いは情報システム子会社が次のような形での発注を行い、システムを構築して来ました。ITベンダーも様々ですが、こちらでは主にシステムインテグレータ(SIer)を指しています。

  • 企業内では、業務部門からの要望を情報システム部門が取りまとめ、これらを要求事項としてITベンダーに発注を行っていました。
  • ITベンダーでは、これらから対象となる業務の単位を一つの機能として設計し、機能ごとにプログラムを作成します。
  • この際、主に「業務フロー」が用いられ、ビジネスレベルでのデータモデリングが行われることは稀なようです。
  • ITベンダーから、二次受け、三次受け、など多重請負が様々な問題を起こしてきたことは知られています。
  • 発注した企業側は、完成したシステムの納品を受け、受け入れテストとして、実際の業務が行えるかという視点で検証を行います。この時点で、データがどうなるかという点においては、過去のデータが継続して使えるか以上の関心が持たれることは少なかったようです。
  • 実際には、納品時点で機能が足りない、仕様に齟齬がある、移行したはずのデータに問題が発生するなどの不具合を沢山見てきました。

実際には、このようにIT部門が要望を纏めて発注を行ってくる形態の場合でも、データモデリングを行い、既存システムがあるならデータプロファイリングを行うなど、業務上の情報の構造と実際のデータによる可視化を進めれば問題は相当に小さくなり、いわゆる凝集度が高く結合度が低い、改修が容易なシステム構築を行うことは可能です。しかしながら、その場合でもIT部門だけではなく、業務部門の方の協力が必要です。
 それでも、複数のシステム間の問題を解決するためには、データマネジメントによる全体の調整が必要です。

企業とITベンダー(新しいスタイル)

 企業内でデータマナジメントを実践するには、何らかの形でそれを推進する組織が必要です。

専任かバーチャルかなど、その形は企業により、その段階により様々になると思いますが、業務部門の人、つまり業務のエキスパートの方と、情報システム部門の人からなる組織を形成します。
 ここでデータ要件の定義やアーキテクチャの定義から、データ品質のマネジメントや、データ統合やBIなどを担っていきます。これまでITベンダーに依存してきた多くのことを自社内で担っていくことになります。
 これまでに持っていなかったスキルが必要になる部分や、先ずは組織化を行っていく部分については、外部コンサルからの支援を受けて実現するのが有効です。プログラム開発のパワーが不足する部分は、外部プログラマを利用する形になります。
 既存のシステムの維持なども含めて、もちろん一気にこの形に変更するのは難しいと思います。しかしながら、一部からでもこちらの形に変えていかないと、これまでと状況が変わりません。
 まずは、現在依頼しているITベンダーに対して、このような形に変革していくこと、この外部パワー部分を担えるなら役割を変えていくことを検討してみましょう。現行のITベンダーでは、特に組織化の支援が担えないような場合は、その部分に別途専門のコンサルを導入することが必要となります。
 データの発生源となる部署、データを利用する部署、情報部門システムから人を出して検討を始めるグループを作るような形で始めても良いでしょう。最初は、情報システムが主導する形になることが多いでしょう。或いは利活用の要求が先行する場合なら、その対象の業務部門が中心となって進めた方が良いかも知れません。

 ともかく、実際に活動を始めるにはどうしたら良いのか、自社でできていることは何で、何が必要なのかわからないという方、DAMA日本支部に参加して、いろいろな分科会に参加してみてはいかがでしょうか?

データモデラーのお噺

 前回の私のブログでは、データマネジメントの入り口の提案として、データモデリングをお薦めしました。その際に、データモデリングするに当たっては、有意義なモデルを作れるデータモデラーを確保できるかという点が課題になると述べました。
 それでは、そのデータモデラーの確保について考えてみましょう。皆さんの会社、或いは組織では、データモデラーは確保されていますでしょうか?

 例えば開発案件において、事前にデータモデリングによる現行仕様の、或いは業務の可視化が行われているかと言うと、残念ながら過去に見た多くの例では、殆ど行われていませんでした。
 データモデリングが行われていないところでは、必要だとは聞いていても、それまで行わないで何とかなっているからというのが大きな理由で実施されていません。実際にできていた場合との直接的な比較がないため、隠れた大きな損失に気付かないのです。
 そして決定的な理由は、実際にできる人が居なかったことにより、実践できないままだったのだろうと思います。取り組もうとはしたが、結果的に断念したという話を聞いたことも、少なくありません。

習得の過程

 なにごともそうですが、技術の習得には次のような過程が必要です。

 教育を受けるだけでは、頑張っても2段階目の「基本的な内容がわかる」までであり、実際に「自分で問題無く使える」ようには、なかなかなれません。

 そのような中で、例えば改善の意欲のある若者が、自分が担当するプロジェクトの中で活用してみようとすると、マネージャから「そんなやり方でうまくいくのか?実績や経験があるのか?これで問題が起きたら責任取れるのか?」などと抵抗されてしまうと心が折れてしまいます。そうではなく、既にできている人からの支援を受けながら、繰り返して実践することが必要です。

 前回ブログ冒頭にて日本のどれ位の企業で、データモデリングが行われているのか、という話題を上げました。しかしながら、この点についての答えを持っていません。周辺のモデラーと呼ばれる人たちに聞いても、多くないのでは?という返事しか得られません。

 色々な企業の方と話をする中で、自社にデータモデラーと呼ばれる人は居ない、或いは、かつては居たけど今は居ない、更には、居るのかわからないという声が多く聞かれます。
 前回、データマネジメントに着手する組織を立ち上げられたら、まずはデータカタログの構築に先駆けてデータモデリングを実施するようにお薦めしました。しかしながら、データモデラーが社内に見つからない中、どうすれば良いのでしょうか?

データモデラーの確保

 自社内にデータモデラーが居ないのであれば、呼んで来るか、作るしかありません。
 ●呼んで来るとしたら、何処からでしょうか?
 ●作るとしたらどうやって?
という疑問が出てきます。

 私の勤務先に依頼すれば出てくるかと言われれば、私の他には3人だけしか居ません。親会社である、あのDX企業でも、今では1人だけしか知りません。
 さて、世の中ではどうかというと、このDAMA日本支部の理事にも数名のデータモデラーが居ますし、データモデリングに関する分科会も開催されています。なので、どこに居るか探して確保するとか、社内で育てるのに支援してくれる人を見つけたいなら、相談していただくのも一つかと思います。ただし、特定の誰かを推薦するという立場にある訳でもなく、紹介した人の能力に責任を持てる立場にもありません。

 DAMAのイベントであるADMCでも、スポンサーの方によるライトニングトークの中で「優秀なデータモデラーを絶賛募集中」と宣伝されている企業もありました。

 データに関して、何処にあるのか、どんなデータが有るのかを知っておくためにはデータマネジメントを行う必要があります。そのデータマネジメントを行う重要なピースであるデータモデリングを実践する人が見つからないというのは皮肉な状況にあると思います。

 できることなら、データモデラーが集う場があり、データモデラーを探す企業の人が、適切なモデラーを見つけられるようになればと思っています。いわゆるギルド的な感じのものができると良いのかも知れません。
 場といっても、特にこんな状況なので、オンラインでの場作りを試してみたいと考えています。
 そんな場を一緒に作ろうというモデラーの方、それ以前にでもデータモデラーを探していますという方、モデラーの育成をしたいという方は是非ご連絡ください。よろしくお願いします。

データモデリングから始めませんか?

 DMBOKガイド第1版ではデータモデリングは「データ開発」の一部でしたが、第2版では新たに「データモデリングとデザイン」という章が設けられました。
 果たして、日本の企業での中でどれ位、データモデリングが行われているでしょうか?残念ながら、あまり多くないというのが私の印象です。或いは、データベース設計のためにのみ使われ、開発後に維持されていないことが多いとも思います。あるSIerの中では、「最近は全く新規でのシステム開発ということが殆どないので、データモデリングを習っても実践する場がなくなった」と言われていました。
 新規のデータベース設計がなくても、業務分析しかり、現行システムのデータ構造の逆解析など色々と用途があるのに勿体ない話です。
 例の「2025年の崖」への対策としてレガシーからの脱却を図るということであれば、先ずはデータモデリングを用いた分析から取り掛かってはいかがでしょうか。

 私は受託開発を行う際の分析と、その開発のための方法を探っていた中でデータモデリングに辿り着いたので、その視点からデータマネジメントにおけるデータモデリングについて少し考察してみます。

データマネジメントにどこから手を付けるか?

データマネジメントはDMBOKガイドの目次を見てもわかる通り、非常に多岐に渡る活動やスキルから成っています。データマネジメントに取り組むきっかけも色々でしょうし、これまでの環境や現在の要求事項に応えるために取り組みの優先順位が決まることもあるでしょう。それでも敢えて取り組みのための順序を考えるならば、次のようではないかと私は考えます。
 最初に必要なことは、実際の活動母体となる組織作りでしょう。本格的な専任の部署でも、ワーキンググループのようなものでも構いませんが、業務とITの両方の視点が必要なので、一人きりで始めるより、できれば数人で始めたいです。例えば利活用のためのPoCに向けて作られたWGとかでも良いです。そして、更に可能であれば経営者のコミットメントが欲しいところです。

 次に取り組むのにはデータモデリングが良いのでは考えています。データをマネジメントすると言うのだから、そのデータがどんな構造をしていて、何処にあるのかが明らかになっている必要があります。

データモデリングとデータカタログ作成

 どんなデータが何処にあり、どういった関係かを明らかにするための手段には、次のものがあります。一つには、データモデリングを行い、業務に必要なデータ、あるいは現在運用されているデータとその関係を明らかにしていく方法です。
 それだけでは、実際のシステムにて、何処にそのデータが存在するのかわかりません。そのためには、ツールの力を使ってデータカタログ作成を行うことと、その過程で実際に格納されているデータのプロファイリングを行うことが必要です 。

 順序については、置かれている環境(人のスキルも含めて)によって異なりますが、可能であれば、1)データモデリングにより業務におけるデータ構造をあきらかにする。2)プロファイリングを伴ったデータカタログ作成を行う。といった順で進めることが良いと思います。
 データモデリングは飛ばしてデータカタログだけ作るのではダメか?という方もあるでしょう。データカタログ作成により、存在する項目は明らかになり、似通った項目の統合もある程度進めることができると思います。
 しかしながら、データ項目間の関係を明らかにすることは難しいです。また、実装の都合が強く反映されている場合もあります。たとえ参照整合性制約があっても、その関係をパッと目で見て取ることができません。開発時に、表形式のデータベース設計書のみを作れば良いか、データモデルを書くべきなのかということも議論されますが、データモデルを書く方が良いと考えます 。

 データカタログ作成より、できればデータモデリングを先に行うことをお薦めします。メタデータを明らかしていく上で、項目の名称以外に意味を定義する必要がありますが、それには関係を問いながら掘り下げていくことができるデータモデリングが有効です。もちろん、事情によってはともかく現状のデータの在り方を明らかにするために、ツールによってデータカタログを作成し、その後に解析を行うために部分的にデータモデリングを併用するという方法もあります。そのためには、いずれにせよデータモデリングを実践できるスキルを持った人が必要になります。

 データモデリングは誤解されていることが多く、RDBの項目定義と同等のものを 単に箱と線で書かれたER図を作っていくことがデータモデリングだと思われていて、IE法やIDEF1Xなどの表記ばかりが取り沙汰されます。しかしながら、そこにはビジネスを解析するための方法論があります。
 データベース設計を目指すだけでなくデータを起点にビジネスを解析することができます。ある企業にて作成支援をし、作成したモデルを別のモデラーたちが初見でどれ位に現状のビジネス課題を出せるかという実験をしたところ、依頼した企業の業務側の人が驚くほど正確に課題が出されてきました。モデル上でモデラーにとって気持ち悪い記述のところには、何らかの無理がかかっていることが読み取れるというだけのことですが、モデリングの威力を知って貰うには良い機会でした。
 それが可能なように、あるビジネスをなるべく同じ視点で解析し、同じモデルが書けるようになるための方法論が必要です。

 ここで一つだけ、私のお気に入りのモデリング手法を紹介しておきます。佐藤正美さんが考案したTMと呼ばれる手法です(私は「T之字」と読んでいます)。

 もちろん、 企業によって事情が大きく異なると思います。データカタログを作る中で殆ど意味の定義も問題なくできる企業もあれば、データプロファイリングも並行しないと意味がとれないような場合もあります。また、モデリングを先行させ、データカタログを作りながらプロファイリングを進める方が良いという企業が多いのではないでしょうか。いずれにせよ、有意義なモデルを作れるデータモデラーを確保できているか、という点が課題になります 。

 私の次回分では、データモデラーのお噺にしようかと思います。